だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

クリスマスプレゼントのよろこびが続く心理 寄付で幸福度アップ

クリスマスお歳暮などの
贈り物をいただいた喜びは、
ついつい、
マンネリ化してなれてしまうと思われます。


アメリカ、シカゴ大学社会心理学エド・オブライアン氏らは、
贈り物をしたときの幸福感と、
贈り物をもらった時の幸福感を比較するための実験を行ないました。

実験では、合計96人の大学生が、
5日間毎日5ドルを受け取りました。

彼らは、受け取ったお金を
毎回まったく同じことに費やさないといけません。

参加者たちが自分のためにお金を使うか、
もしくは他の人のためにお金を使う(募金やチップなど)かを
ランダムに振り分けました。

そして参加者は1日の終わりに、
自身の幸福状態を自己申告してもらいました。

 
実験の結果、自分自身にお金を費やした人は、
5日間に渡って幸福感が確実に下がっていきました。

しかし、他の誰かにお金をプレゼントした人たちの
幸福感は衰えることがありませんでした。

5回連続で同じ額のお金を送る「喜び」は、
スタート時と同じくらい強かったのです。


人々が寄付などをして与える場合、
結果ではなく行動そのものに焦点を合わせるため、
何かと比較することなくいつでも新鮮な幸福感を得られる
のではないかとかんがえられます。

近ごろは、
なにかと制限があるため、
私たちの行動はどうしてもマンネリ化して、
幸福感を感じにくいのではないかと思います。

もし、
この年末年始の時期に、
そんなふうに感じていらっしゃるなら、
誰かに贈り物をしてみるのはいかがでしょうか。
すばらしい幸福感が得られるかもしれません。


人気ブログランキング

無料で気軽に相談してストレス解消

悩み相談・ボランティア相談ができる熊本のカウンセリングです。