だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

相手がよろこんで話したくなる心理 魔法のような『あいづち』

ふだん、
私たちが会話をしているときに、
少しだけ気をつけていると、
相手との人関関係がうまくいきやすいポイントがあります。

それは、
相手が話しているときに

「あいづち(相槌)を打つ」ことです。

そんなことぐらいしてるし、
あいづちぐらいでは、
べつに変わらないでしょう
と思われる方が多くいらっしゃると思います。

私たちは、
話を聞いてくれている相手があいづちをしてくれるだけで、
安心感や心地よさを覚えて、
相手のことがちょと好きになるという心理があるのです。


あいづちについて、山形大学北海道大学の共同研究です。

うなずいている人
首を横に振っている人
静止している人

3パターンの動画を、
49名の評価者に見てもらい、それぞれの印象を検証しました。


その結果は、

うなずいた場合は他のパターンと比べて

「好ましい」「近づきやすい」

という評価が30から40%も上昇したことがわかりました。

つまり、積極的にうなずくことには

肯定的なメッセージを伝えて相手を冗舌にする、
近寄りやすい人という印象を与えて、
好印象につながる、
という効果が実証されたのです。

もし余裕があれば、

「はい」「たしかに」「そうですね」

など肯定的なあいづちとセットで使うと、
その効果はさらに高まります。

上手にあいづちを打つことで、
より良い人間関係を築くことにもつながってきます。

気になる方は、
少し利用してみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキング

無料で気軽に相談してストレス解消

悩み相談・ボランティア相談ができる熊本のカウンセリングです。