だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

チョコレートが体にいい理由 人気の低GI食品

最近は、
チョコレートが、
栄養価が高く、体にいい食品として注目されています。

近ごろは、カカオポリフェノールが豊富な、
イカカオチョコレート」を多くのメーカーが販売していて、
健康になる効果が期待できるとして人気になっています。


チョコで、
注目度が高いポリフェノールですが、
動脈硬化予防に効果があるらしい」
「カラダのサビ、活性酸素を退治してくれる」
など多くの機能が次々に明らかにされています。

ポリフェノールというと、
だいたい、
赤ワインやコーヒーに多いのではと思いますが、
実は、リンゴの方が多いのです。

100gあたりのチョコレートに含まれる
ポリフェノールは、
リンゴや赤ワインの約4倍、
コーヒーの約10倍です。

ポリフェノールを効率的に摂取するには、
高カカオチョコレートがおすすめです。


カロリーや脂肪分も高くて太りそう
といったイメージのあるチョコレートですが、
カカオ成分が70%以上の高カカオチョコレートには、
ポリフェノールが多く含まれ、
食べても糖質が上がりにくい
低GI食品」なのです。

一般的に、
食後の血糖値の上昇が、
70以上だと「高GI食品」、
56~69は「中GI食品」、
55以下は「低GI食品
とされています。

低GI食品である、
チョコレートの糖質は穏やかに吸収されます。

つまり、
血中のブドウ糖濃度がゆっくり上昇し、ゆっくり下降します。

健康効果としては、
体重が下がるダイエット効果、
皮膚が若返るアンチエイジング
食後に眠くなるなどの体調不良の予防などです。

低GI食品などは、
まだあまりなじみがありませんが、
健康を考える新しい指標として注目されています。

手軽に、
高カカオチョコレートを取り入れれば、
勉強や仕事などに集中できるなどが期待できます。

食べ過ぎに注意しながら、
普段の生活に、
少し取り入れてみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキング

無料で気軽に相談してストレス解消

悩み相談・ボランティア相談ができる熊本のカウンセリングです。