だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

よけいなひと言を好かれるセリフに変える心理 ちょとした言いかえ

気を使ったつもりだったのが、
急に相手が不機嫌になってしまったことがあると思います。

普段から、
なぜか会話が続かない
いつの間にか仲の良かった人とあわなくなった」と、
人付き合いに悩みを抱えてしまっていませんか。

実はそれ、無意識に
よけいなひと言』を発しているからかもしれません。


よけいなひと言「要するに...。

◎好かれるひと言「○○ということですよね?

相手の言ったことを受けて
「要するに、...。」
とまとめたがる人がいますが、
この言葉は、
上から目線の印象があって、
さらに相手の話す意欲を削いでしまう可能性があります。

内容を確認したいときには、
あえて「要するに」はつけず、
○○ということですね」と、
相手の言葉をおうむ返しにするといいと思います。


よけいなひと言「だから言ったじゃない」 

◎好かれるひと言「次は気をつけてね

「だから言ったじゃない」という言葉には、
私の(過去の)忠告と発言は正しいと主張する気持ちが含まれます。

“やっぱり、あなたは間違っていた”
というニュアンスを相手に伝えています。

すでに起こったこと(過去)を責めても仕方がないので、
これから先のことに目を向けるような言葉を選びましょう。

たとえば、「次は気をつけてね
などです。


よけいなひと言「あなたのためを思って

◎好かれるひと言「私はこう思っている

自分が相手に
「こうしてほしい」と思っていることを、
「あなたのためよ」と善意のように見せかけて
支配しようとしているように感じてしまいます。

「あなたのため」と言いたくなるときの自分の気持ちに向き合い、
本当に相手のために伝えたいときは、
私の考えではこうしたほうがいいと思うよ
と簡潔に内容を伝えるにとどめておきましょう。

マイナス感情は言葉に出やすいので、
自分を客観視して冷静に対応しましょう。

自分の発する言葉に少し注意を向けてみてると、
余計なトラブルを回避することができると思います。

ちょっとした
言いかえ」が、
自分自身や周りの人を、
しあわせにしてくれることを願っています。


人気ブログランキング

無料で気軽に相談してストレス解消

悩み相談・ボランティア相談ができる熊本のカウンセリングです。