だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

グーグルの自動運転ロボタクシーが第5世代に進化 誰でも乗れる

グーグルの自動運転車開発部門の会社、
ウェイモ(Waymo)は8月24日に、
アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコで、
第5世代の自動運転システムを搭載する
ロボタクシーの実証実験を開始しました。

 

第5世代の自動運転システムを搭載するロボタクシーは、
電気自動車のジャガー
『I-PACE』(Iペース)に、
第5世代の自動運転システムを搭載したロボタクシーを使用して、
サンフランシスコの一部エリアでの試験運用を開始しました。

ただし、運転席にはオペレーターの人間が座り、
手は膝に置いて、緊急時にハンドルを握れるようにしておくとしています。

ウェイモのアプリは誰でも登録可能ですが、乗客は同社が選定し、
乗車経験について公には話さないことを条件としています。
対象者を徐々に増やして数百人まで広がることを目指しています。

ウェイモはテスト参加者に対し、
自動運転サービスを日々の移動ニーズに利用するよう推奨しています。

現時点で利用は無料で、
サービスは週7日、1日24時間利用可能だということです。


全米で展開したいとしているロボタクシーですが、
ウェイモの自動運転技術はまだ積雪に対応していないため、
アメリカ北部では事業開始に時間がかかりそうです。

そのため、
同社は当面、ジョージア州アトランタテキサス州オースティンなど
アメリカ南部での事業展開に力を入れているそうです。

アメリカで本格的に、事業化できれば、
日本でもロボタクシーに乗ることができそうです。


人気ブログランキング

無料で気軽に相談してストレス解消

悩み相談・ボランティア相談ができる熊本のカウンセリングです。