だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

自動車の新情報

トヨタが新型電気自動車「bZ4X」の日本仕様を公開 海外では12月発売開始

トヨタ初の量産電気自動車が発表になりました。 トヨタの 「bZ4X」(ビーズィーフォーエックス)は、 今年初めに発表されたコンセプトカーをほぼ変えずに、来年中頃に販売される予定です。 車名の「bZ」は、トヨタの電動化戦略「Beyond Zero」(ビヨンドゼロ)を…

トヨタと「オーロラ」が自動運転ロボットタクシー製造を開始

オーロラとトヨタ、デンソーは2021年2月、長期的にグローバル規模での戦略的提携を結ぶことで合意しました。 9月20日の発表では、3社のエンジニアリングチームが共同で、トヨタのミニバンの 『シエナ』新型 をベースに、オーロラドライバーを搭載した自動運…

電気自動車で走行中に充電する方法の実用化が近い

電気自動車[(EV)の常識を変えるかもしれない新しい技術に注目が集まっています。 現在、ワイヤレスで充電できる技術が実用間近となっていて、この考えを進めて「走りながら充電出来るシステム」の実用実験が始まっています。 電力機器大手の「ダイヘン」で…

日産と三菱が新型電気自動車を22年に発売と発表

日産と三菱は、8月に「電気軽自動車(軽の電気自動車)を2022年度初頭に発売する」と発表しました。 国からの補助金も利用した場合、実質的な購入価格は200万円ほどになる見込みだそうです。 電気自動車のバッテリーは20キロワット時で、1回の充電で170キロ…

グーグルの自動運転ロボタクシーが第5世代に進化 誰でも乗れる

グーグルの自動運転車開発部門の会社、ウェイモ(Waymo)は8月24日に、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコで、第5世代の自動運転システムを搭載するロボタクシーの実証実験を開始しました。 第5世代の自動運転システムを搭載するロボタクシーは、電…

東京オリンピックに未来の自動運転が登場 五輪選手もびっくり

東京五輪の期間中に、いろんな選手が自動運転バスの動画をSNSに投稿していました。 メキシコ選手は、選手村での超ハイテクな乗り物に、「自分が未来にいるような気分だよ」とおどろいていました。 投稿を見た国内外の人たちからは、 「2050年の日本に住んで…

世界初、ニューヨークの公道で自動運転開始 東京でも開始

ふだん乗っている自動車での自動運転の実用化がすすんでいます。 インテルのグループ企業であるイスラエルのモービルアイが、7月20日から、アメリカのニューヨーク市で自動運転車の実証実験を始めました。 交通の混雑が激しいマンハッタンでも実験を行い、技…

大阪万博で「空とぶ車」が登場  海外では予約開始

道路ではなく、空中を移動する 「空とぶ車」について、 世界各地で実証実験が進められ、実際に利用するところまで話が進んでいるようです。 経済産業省と国土交通省は、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の実用化を目指す官民協議会を開いて、2025年大阪・…

安い電気自動車がアメリカから新登場

アメリカのフィスカーがフォックスコンと安い電気自動車を共同開発します。 「フィスカー」は、2011年にアメリカで高級ハイブリッドカー「カルマ」を投入し、1号車をレオナルド・ディカプリオに納車して話題を集めた会社です。 フォックスコンは、台湾に本拠…

グーグルの自動運転タクシー料金500円  中国でも登場

日本では、自動運転タクシーは話だけであまり見かけないと思いますが、アメリカでは、完全無人の自動運転タクシーである「ロボタクシー」が実用化しています。 ウェイモは、グーグルの自動運転車両プロジェクトとして2009年に始まりました。 完全無人車両で…

ホンダが新車でガソリン車廃止 軽も電気自動車になる

日本ではまだあまり走っていない電気自動車ですが、ホンダは、2040年に世界で販売する新車の全てを、電気自動車(EV)と水素で発電する燃料電池車(FCV)にすると発表しました。 ハイブリッド車も販売しません。 世界で脱炭素化に向けた環境規制が…

トヨタやホンダが新型電気自動車を公開 上海モーターショー2021

今月19日に開幕した 上海モーターショーで、 中国政府が普及を後押しする電気自動車(EV)などの新モデルが登場しました。 ・トヨタ トヨタはスバルのEVの共同開発車、 トヨタbZ4X (ビーズィーフォーエックス)を発表しました。コンセプトモデルではありま…

自動運転が日本の公道でスタート 自動運転保険のポイント

ついに日本の公道を、自動運転レベル3の自動運行装置搭載車が走り始めました。 ホンダのレジェンドに搭載した、ホンダセンシング・エリートの自動運転です。 高速道路での渋滞時限定ではありますが、ドライバーが周辺監視からも解放され、すべての運転行為を…

まったく新しい電気自動車がぞくぞく登場

最近は、自動車の排出ガス規制が厳しくなってきているので、電気自動車の新型がつぎつぎに登場してきています。 BMW i4(2021年) BMWのEVであるi4は、BMWのEVの未来を感じさせるモデルになっています。 BMWによると、最初のEVセダンであるi4は、EPAの推定航…

アップルの電気自動車に対抗するハイテク企業が参入

アップルが電気自動車を製造するということがわかってから、目まぐるしく状況が変わっています。 中国のファーウェイ、バイドゥ、アリババ、テンセントなどのハイテク企業が、自動車製造に乗り出しはじめました。 これを受けて、株式市場では、自動車製造計…

アップルの電気自動車は早ければ2021年に生産開始

スマホ販売のアップルが、 自動車の生産販売をするということで話題になっています。 一番早い時期では、2021年9月に発売されるとのサプライチェーン情報がでています。 台湾のサプライチェーンに、大口の多くの自動車部品工場に関連パーツの大口注文が入っ…

テスラ株投資でテスラ電気自動車を買う

テスラ株投資で、あと2年以内に、25000ドルの電気自動車を出すと、 イーロン・マスク氏が宣言した 「300万円以下の電気自動車」の購入を予定しています。 諸経費を含まずに考えると、車両代金約260万円から、経済産業省からの購入補助金として、80万円がでる…

アップルが自動車販売を近く開始 

アイフォンなどを販売している、アメリカの アップルが自動運転車の開発していて、2024年の乗用車製造開始を目指していることがわかりました。 アップルは、ゼロからの自動運転車開発として、2014年に「プロジェクト・タイタン」をはじめましたが、特に…

アマゾンが自動運転「ロボタクシー」を初披露

アマゾン系列の自動運転開発企業 ズークスが、電動の自動運転車をはじめて披露しました。 車内にハンドルや運転席がなく、向かい合う座席に計4人が腰かけるスタイルです。乗客を運ぶ「ロボタクシー」としての利用を想定しているようです。 車両は全長が約3.…

小池百合子都知事が東京でガソリン車販売禁止決定

東京の小池百合子東京都知事が2030年までの「脱ガソリン車」方針を掲げました。 電気自動車やハイブリッド車などへの乗り換えを促進します。 自動車業界では一定の理解が示されているようですが、国より5年も早い脱ガソリンはかなり厳しい目標のようです。 ○…

日本もガソリン車販売禁止 自動車が大きく変わる

日本政府は、地球温暖化対策の一環として、ガソリン車の新車販売を2030年代半ばに禁止するようです。 ガソリン車の販売を禁止する動きは世界で広がっています。 イギリスでは、ガソリン車の新車販売を禁止する時期を、35年から30年に前倒ししました。 アメリ…

80万円がもらえる 電気自動車補助金を発表

日本で、電気自動車への補助金として、 最大80万円もらえることが発表されました。 日本政府は電気自動車(EV)の購入者に対し、現行の2倍となる最大80万円の補助金を支給する制度を2021年度に導入する方針を決めました。 自宅やオフィスの電気契…

イギリスがガソリン車の新車販売禁止  グリーン産業革命がはじまっている

最近、ヨーロッパから始まったガソリン車やディーゼル車の新車販売禁止。 日本でまったくそういったことは聞きませんが、海外では順次、廃止していくようです。 まず、中国は、2019年から規制がはじまっています。 2020年2月と11月にはイギリスがそれぞれ5年…

ホンダが自動運転車を発売 テスラに追いつこう

ホンダは、自動運転レベル3に求められる国土交通省の型式指定を取得した自動運行装置 「Traffic Jam Pilot(トラフィック・ジャム・パイロット)」を搭載した「レジェンド」を、2020年度内に発売予定だと発表しました。 自動運行装置のトラフィック・ジャム…

ついに自動運転タクシー(ロボタクシー)の事業が始まった

今年10月8日、グーグル系ウエイモ(Waymo)はアリゾナ州フェニックスで提供しているロボタクシーサービス ウエイモ・ワン(Waymo One)を一般のお客さまに開放しました。 既に、完全無人運転、有料、実サービスまでは実現していましたが、限定していたサービ…

ポルシェの電気自動車にターボがついている理由

ポルシェが 電気自動車「タイカン」を発売します。 日本で発売されるグレードは 「タイカン4S」「タイカン・ターボ」「タイカン・ターボS」になります。 タイカンはハイブリッドなどではなく、純粋な電気自動車です。 エンジンは搭載していないので、もちろ…

ダイソンが電気自動車をやめた理由  未来の電池を開発

掃除機で有名なイギリスの「ダイソン」 創業者のジェームズ・ダイソンは、6億1200万ドル(約660億円)を投資して、EV(電気自動車)の開発を進めていましたが、昨年10月に断念していました。それでも、EV開発から得た収穫もあったようです。 サンデー・タイ…

トヨタがテスラに追いつくため日本が法律変更

自動車業界は、100年に1度の変化の時期に来ています。 2020年1月、ソニーは、「VISION-S」という電気自動車を公開しました。 VISION-Sは主に日本・欧州のチームが連携して開発を進めていますが、開発機材のうち1台が、今年7月末に日本に戻ってきました。 …

日本で新型電気自動車が9月に2台登場

日本に本格的な電気自動車を、9月に外国ブランド2社が投入しました。 アウディが、日本に初導入した電気自動車 『e-tronスポーツバック』 は、9月17日より全国のディラーで発売開始しました。 本格的なPRのために、サポーターに柴咲コウさんを起用しました。…

テスラが世界一になった理由  エネルギーが変わる

アメリカの電気自動車メーカー テスラの 時価総額が2020年9月16日で、4124億ドル(約43兆2000億円)となっています。 テスラの時価総額は、今年1月に1000億ドルの大台を突破し、 トヨタを追い抜き世界1位となりました。 テスラの2019年の世界販売台数は約36…