だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

青い車が増えている  ピンクよりブルーが人気

クルマのボディカラーは、
白、黒、グレー、シルバーが多く走っています。
最近は、


「青」のボディカラーが人気になっているそうです。


青が人気になっている理由は、
電気自動車などの新エネルギー車から始まっているようです。

自動車用塗料を製造する
ドイツのBASFが2020年1月に発表したレポートによると、
2019年に世界で製造された
新車のうち有彩色が使われている割合は22%で、


青が全体の9%と最も多いようです。

特に、欧州、中東、アフリカ地域では青の割合が11%と高く、
シルバーの10%を上回っています。

日本では青、シルバーともに9%で同率となっています。

BASFジャパンのカラーデザイナー松原さんによると、
自然を連想させるさわやかな空や海のイメージと、
クリーンなテクノロジーのイメージから、
国内外の自動車メーカーがハイブリッド車やEVのアイコンカラーとしてブルーを使ってきたことも、
人気につながっているでしょう」というのです。


そういえば、
日産のEV、初代「リーフ」、ホンダ「フィットEV」、
トヨタプリウスPHV」、「MIRAI」などは、
青がイメージカラーに使われています。

日産は、初代「リーフ」から、
青いエンブレムを使用すると決めているようです。

また、EVなどの新エネルギー車に限らず、
青は幅広い車種で人気が高まっていて、
日本においてはホンダ「フィット」「N-ONE」「N-WGN」、
トヨタ「アクア」など、販売台数の多い車に青が多く使用してあるそうです。


○青が増えてピンクの車が減っている

日本では、軽自動車やコンパクトカーで一定の比率を占めていたピンクが数年前から減少し、
総体的に青の人気が高まっている傾向があるようです。

BASFジャパンの松原さんは、
『ホワイトやグレーではない色のついた車に乗りたいけれども、
かわいくなりすぎない色』として、
女性も選びやすい色がブルーなのでしょう

ということです。

 

青というと、

スピッツの「青い車

を思い出します。 

君の青い車で海へ行こう
おいてきた何かを見に行こう♪

ピンクから青への人気色の変化は、
言われないと気づきませんでした。


人気ブログランキング