だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

銀行員からみたお金の貯まる3つの方法

日頃からお金に関する仕事をしている銀行員が、

お金を増やす人とそうでもない人の違いがあるということを記事にしていたので、

紹介します。

 

銀行へ来るお客様の中で、

お金を上手に貯める人、貯められない人がいたそうです。

 

お金を貯めることが上手は人は、

 

1. 使い道に応じて銀行口座を分けている

 

使い分けをしている例として、

「生活資金用の口座」、「預貯金用の口座」、

「あそびに使う口座」

というふうに分けると、

支出がわかりやすくなり、お金の動きが見えやすくなります。
預貯金も貯まりやすくなるようです。

反対に、

上手に貯められない人は口座を使い分けず、

一つの口座だけでやりくりしています。
これだと、

自分がどのくらいまで使えるのかということがわかりにくくなります。

 

2. ATMの手数料をおさえる

 

金融機関によってATMの手数料は違いますが、

たった数百円ならいいかと思っていると、

知らない間に、すごい金額になっています。

 

3. お金の使い方にメリハリがある

 

お金が貯まる人は、

高価な買い物だとしても必要であるのならば我慢せずに購入ているそうです。

今後のライフプランを見通していて、

高額商品でも計画的に購入しているのです。


お金が貯まらない人の場合は、できるだけ支出を抑えようと思ってなんでも我慢しようとします。

ストレスが溜まっていってしまい、

本来必要のないものに浪費してしまっています。
小さな浪費の積み重ねで、

預貯金がたまりにくいのです。

 

自分に応用できるところがあれば、

少しずつ変えていくと、

お金持ちになれそうですね。


人気ブログランキング