だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

日本発の環境にやさしいお肉の会社「ネクストミーツ」が急成長

環境問題への意識や健康志向の高まりから、
植物由来の代替肉マーケットがいま世界で急速に拡大しています。


アメリカの代表的な代替肉ブランド
ビヨンド・ミート」は、
アメリカのスーパーでは精肉売り場と同じ棚で販売されています。

植物ベースの食肉市場は、
2020年で43億ドル(約4700億円)と推定され、
2025年までに約9100億円に達すると予測されています。

国内でも日本ハムマルコメ
大塚食品など大手メーカーなどから大豆由来の代替肉を販売しています。

この代替肉の日本の会社
ネクストミーツ」が、
アメリカでSPAC上場を果たしました。

白井良と佐々木英之が起業した日本発の代替肉スタートアップの会社は、
設立後わずか7カ月で上場初日の
時価総額約4.52億ドル(約479億円)へと大化けしました。

同社の代表商品であるNEXT焼肉シリーズは、
焼肉チェーン「焼肉ライク」に提供されているほか、
大手スーパー
イトーヨーカドー」など、
国内160店舗以上のスーパーで販売されていて、
国内外での累計販売数は、
2020年6月の発売開始から1年間で10万食を超えました。


日本では代替肉専用工場「ネクストファクトリー」建設開始

ネクストミーツは7月30日、
同社初の代替肉製造の新工場
ネクストファクトリー」について説明しました。

着工予定時期は2021年10月、
竣工予定時期は2022年夏頃としている。

新工場の年間の生産量は3000t~4000t(月300t)を計画していて、
国内向けの製品を製造します。

ネクストミーツは、
地球を終わらせない」を理念として掲げて、
気候変動問題と食料危機に立ち向かうべく、
代替肉の分野で事業活動を最速ですすめている会社です。

日本人がつくった優良な会社が海外で活躍しています。
これかのどのように急成長するか、
目が離せません。


人気ブログランキング

無料で気軽に相談してストレス解消

悩み相談・ボランティア相談ができる熊本のカウンセリングです。