だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

思い込みを変える心理 かんたんに自信がつくコツ

自分に自信がないという人は、
自分の思い込みを変えようとします。

「もっと積極的になろう」「もっと自信を持とう」
と頭の中では思っています。

しかし、思い込みはそんなに簡単に変わるものではありません。

そういう努力はすべてムダにはなりませんが、
思い込みを変えようとしてもなかなか変わらないのです。

それよりも大切なことは、
まず行動を変えることなのです。

行動を変えれば、思い込みのほうも、
行動することで変わってくるのです。


行動を変えれば、思い込みが変わる
ということについて、
スタンフォード大学マイケル・ニューマン氏は、
人前でしゃべれないとか、公共の場所で食事をするのが苦手という症状を示す、社交不安障害と診断された36名に、
実験に参加してもらいました。

普通、カウンセリングやセラピーでは、悩みの相談を聞きながら、
本人の思い込みを変えていこうとするものですが、
純粋に行動だけを変えるように指示したのです。

ニューマン氏は、毎回のセッションで、
まず本人に「これならなんとかできる」という行動を決めてもらいました。

参加者は、それを宿題とし、翌週のセッションまでにやってくるのです。

うまく宿題をクリアできたら、翌週にはまた別の行動的な宿題を出す、
ということをくり返しました。

たとえば、
「1日に3人の人にあいさつをする」とか、「道に迷ったふりをして、知らない人に道を尋ねてみる」といった宿題を決めて、
それを実行するのです。

これを、8週間のセッションをおこなったのですが、
行動を変えるようにすると、
参加者たちの思い込みも変わってくることがわかりました。

自分はシャイだ」と思い込んでいた人も、
積極的に人に話しかける宿題をこなすうちに、
けっこう社交的になれるものだな」と気づき、
本人の思い込みも変わってきたのです。


この実験から、
行動を変えたほうが、自信はつきます。

そして、行動を変えれば、今での思い込みも変わってくるものなのです。

こうすれば自信がつきそう」と思うような宿題を、自分なりに決めてください。

その際には、行動として、実践できるような形で決めなければなりません。

自分で決めて、
「知らない町の駅で降りて探検してみる」とか「知らない人に『こんにちは』とだけ声をかける」のように、
具体的に取り組めるものでやってみましょう。

これを、毎週、必ず宿題を決めて行動するようにすれば、
だいたい2カ月ぐらいで思い込みが変わり、自信もついてくるようです。

「思い込みを変えたい」ということについて、
気になる方は、できるところからやってみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキング

無料で気軽に相談してストレス解消

悩み相談・ボランティア相談ができる熊本のカウンセリングです。