だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

お願い事をするとき受けてもらいやすくなる心理 カチッサー効果

人にお願い事をするときに、
お願いしても何となくいい返事がもらえないということが、
たまにあると思います。

頼み事をする時は
カチッサー効果
という心理効果を使うと対応が変わってきます。


心理学者のエレン氏が行った実験では、
実験者は、コピー機に並ぶ順番待ちの列の先頭へ向かい、
次の3通りの言い方でお願い事をしました

1.「すみません、5枚だけなのですが、先にコピーをとらせていただけませんでしょうか

2.「すみません、5枚だけなのですが、
急いでいるので先にコピーを取らせていただけませんでしょうか

3.「すみません、5枚だけなのですが、
コピーを取らなければならないので、先にコピーを取らせていただけませんでしょうか

1のお願い事だけを行う場合、60%の人が順番を譲ってくれました。

そして、2のお願いにちゃんとした理由をつける場合では、
94%の人が順番を譲ってくれました。

そして、3のよくわからない理由を足した場合でも、
93%の人が、順番を譲ってくれたのです。

人は、理由をつけてお願いされたとき、
理由があるならしょうがない
と、機械的に要望を受け入れているのではとかんがえられたのです。

この、
外部からの働きかけに人が意識しないで反応するような機械的な行動を、
テープレコーダーの再生ボタンを押すカチッという音と、
砂嵐がサーっと流れる音になぞらえて
「カチッサー理論」と名付けられたのです。


誰かにお手伝いをお願いしようとしたとき
手伝って
とだけ言うよりは
この作業はあなたの得意分野でしょう。
ぜひ、手伝って欲しいのです。
と、働きかけたほうが、こころよく手伝ってもらえると思います。

「ちょっとあれ取って」「資料をコピーしたい」
いろんな頼みごとはあふれています。

とにかくどんな内容でもいいから理由を付け加えてみると、
協力してくれると思います。
ぜひ、活用してみて下さい。


人気ブログランキング

無料で気軽に相談してストレス解消

悩み相談・ボランティア相談ができる熊本のカウンセリングです。