だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

ウォーレン・バフェットが投資のポイントをシンデレラで説明

有名な投資家
ウォーレン・バフェット氏が率いる
投資会社バークシャー・ハザウェイが1日発表した、
第1・四半期決算は、
新型コロナウイルスパンデミック(世界的大流行)で打撃を受けた前年同期から改善しました。


バフェット氏はアメリカ経済について、
米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和と米議会の景気刺激策によって
非常に効果的に復活した」と話し、

アメリカ経済は現在、85%が超高速で走っている

という見方をしました。


バフェット氏は、
最近急増した個人投資家による投機的な株取引について、
多くの人が『カジノ』にいる」と警鐘をならしました。

アメリカでは最近、
コロナの影響で株式取引をする
個人投資家が増えています。

1月には、投機的な売買で、
ゲームストップ、AMC、
など一部銘柄が乱高下することがありました。

バフェット氏は、投機的な短期売買でも
宝くじよりは、利益が出る確率が高い」が、
長期保有する方が良い結果が出るといっていました。

シンデレラの物語に例えて、

「いつ時計が12時になり、
すべてがカボチャとネズミに変わるのかは誰も教えてくれない

と相場急変などのリスクを警告しました。

個人投資家に人気のアプリ「ロビンフッド」に対しては、
『カジノ』の非常に重要な一部分を担っている
と批判しました。

個人投資家としては、
バフェット氏が言うように、
短期投資として目先のことでドタバタと取引するのではなく、
長期で有望なものへ投資するほうがよい結果になりそうです。


人気ブログランキング