だれでもお金持ちになる投資

だれでもお金持ちになれるということを証明します。

「夏枯れ相場」は投資を少しおやすみしましょう

毎日、
暑い日がつづいています。

8月は,
「夏枯れ相場」

というアノマリーがあります。

 

アノマリーとは特定の月などに株価が上昇したり下落したりするという

言い伝えみたいなもので、

とくに理論的根拠はありませんが、

よく当たる経験則です。

 

7月から8月にかけて、
株価全体がは下落しやすい傾向になります。


理由としては、

バカンス入りする外国人投資家や、
お盆には国内投資家も夏休みとなり、
市場参加者が極端に少なくなり、
薄商いの状態となるためだろうということです。

 

こんなときは、
銘柄を探して売り買いをするより、
ゆっくり待つことが賢明だろうと思います。


アメリカでは、
有名なアノマリーに、


「Sell in May(株は5月に売れ)」
「ハロウィン効果」

というものがあります。

株式投資は5~6月に売ってどこかにいって、
9~10月に買え、
という格言です。

そうだろうかと、調べてみると、
NYダウについては、
2010年以降、9月末に買って、
翌年4月末に売ったケースでは


なんと勝率100%です。
平均上昇率は11%でした。

注意したいのは、
サブプライムの暴落は、
2008年9月でしたので、
アノマリーをうのみして投資するのはやめておきましょう。


人気ブログランキング